faxの確認の方法は?efaxなら確認メールや送信の記録が残って安心!

MENU

faxの確認の方法は?efaxなら確認メールや送信の記録が残って安心!

faxが送れているのか不安…

「あれ…?今きちんと送れた…?」
お仕事などでファックスを送った経験のある方は多いと思いますが、忙しいとfaxが送れたのか不安になることってありませんか?
管理人は結構あります…。
特に大事な書類である程、迂闊に先方に確認しづらかったりして滝汗をかいたり…。
このページでは、faxがちゃんと届いたか確認出来るefaxの強みを紹介します!

 

 

↓↓クリックしてefaxの公式ページをみる↓↓

eFax公式サイトへ

普通のfaxだと届いたか不安…

FAXは、

  • 相手が留守かどうか
  • 忙しいかどうか

などをあまり考慮せずに、とりあえず要件を書いて送ることができます。
こういった点で、FAXはEメールと共通点がありますよね。

 

ただ、FAXの場合は、メール以上に相手方にきちんと届いたかどうか気になることあります。
ビジネス上で使用することが多いからかもしれませんが、送ってから何時間も反応が無いと特に心配になるものですよね。
そのため、中にはFAXを送る前に相手方に電話をし、送った後も更に電話で届いたかどうかを確認するなんて人もいます。
もしかしたら心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

従来のファックスの場合

従来のfax機であれば、相手方が通話などの状態で受信できないときは、こちらの原稿が送信トレイに残るためわかります。
FAX番号を間違えない限りは、送信トレイの原稿を見れば、送れたか送れていないかの判断はつきますね。

 

インターネットファックスの場合

その点、インターネットFAXだと、原稿が目に見える形で残っていません。
「ファックスが送れた・送れていない」は、何を基準に判断したらよいのか迷うところがあります。

 

インターネットファックスの仕組みとは?

実は、インターネットFAXの場合、送りたい原稿は、デジタルデータファイルとしてメールに添付する形で、一旦インターネットFAXサービスの契約業者に届けられます。
そして、業者からFAXに変換された原稿が相手方に送信されるのです。
ですから、メールで送信したことがそのまま相手に届いているとは言い切れないのが厄介な点なのです。

efaxはファックスが届いた確認がとれる!

でも、eFaxであればそんな心配はいりません!
eFaxの場合は、無事相手方に届いたときには、送信完了を知らせる確認メールが送られてきます。
サーバーの込み具合などによっては、確認メールが届くまで10分程度の時間がかかることもあります。
ですが、このようなタイムラグはEメールの仕組みを考えれば当然のこと。
確実に送られたことがわかるということをメインに考えれば、送信完了の確認メールが送られてくるのは安心できる点でしょう。

 

また、エラーで送信できなかった場合や、相手が通話中のため送れなかった場合は、3回まで自動で再送信されます。
ただし、いくら待っても送信完了の確認メールが届かないときは、相手方に届かなかったものと判断して再度送信する必要があります。

 

自動再送信がうまくいかない場合は、送信済みアイテムとして保存されているものを再度送信するようにしてください!

 

↓ ↓ クリックしてefaxのトライアルをみてみる ↓ ↓

eFax公式サイトへ

eFaxは個人用に使える?むしろ個人向け!

efaxはむしろ個人におすすめ!

自宅に家庭用のFAXを置いている場合、そのFAX機が壊れた時など、普段の利用状況によっては、新しく購入するのはもったいないと考える人も多いでしょう。
そのような時は、一度eFaxの検討をしてみるのをおすすめしたいです。
実はefaxは、個人でファックスを使っている方にこそおすすめなんです♪

 

efaxは個人向け?

インターネットFAXはビジネス向けのサービスというイメージが強いかもしれません。
ですが、個人でもかなり便利に使えます。

 

自宅にFAX機を置く場合…
・たまにしか使わない割に場所を取る
・消耗品代や維持費が高くつく
これらのことを問題と感じてる人は多いと思います。
会社ならまだしも、家庭だとそんなにお金はかけられないですもんね。
また、感熱紙FAXだとしばらく置いておくと文字が消えてしまうためコピーを取らないと保存できません。
(最近はかなり少なくなりましたが…)
また、普通紙FAXだと受信回数が少ないと紙が湿気を含んで詰まりやすくなったりもします。
これって知っていましたか?
こんな感じで、用紙に関する悩みも少なくないですよね。
そんな悩みを抱えている方には、eFaxの利用がおすすめなんです!

従来のfaxでのデメリットを解消するのがefax!

eFaxは、パソコンやスマートフォンのEメール機能を利用して送受信を行うFAX。
受信も送信もメール感覚で行えます。
さらに、目を通すだけでよい内容のFAXは削除すれば済みます。
保管や管理も、PDFファイルとして行うことができるので便利です。

 

  • 送るための原稿もわざわざプリントアウトすることなく送れる!
  • 受信したFAXもプリントアウトするのは、本当に紙の状態で使う必要があるものだけ!

つまり…消耗品代も大幅に節約できます!!

efaxはコスト面でもおすすめ!

eFaxは初期費用もFAX機も要らず、月々の使用料が1,250円。
その月額使用料に受信、送信共に150ページ分が含まれています。
基本的に紙やインクリボンにかかる費用が必要ない上に、紙切れやインク切れでFAXの受信できないなどということがなくなるというメリットに満ちています!

 

また、個人向けの便利な使い方としては、スマートフォンのカメラで撮った画像をそのままFAXとして送るという方法。
最近のスマホの写真はかなりきれいなので、これを利用しない手はありません!
ぜひ試してみてください。

専用アプリの展開もあり!

eFaxにはiOS向け、Android向け両方の専用アプリがあり、Eメールを立ち上げることなくアプリ内だけで送受信を完結させることができます。
手書きのメモや地図を写真に撮ってFAXできるのはもちろん、バス停などの時刻表を写真に撮って自宅宛てにFAXすると便利に使えます。

↓ ↓ クリックしてefaxのトライアルをみてみる ↓ ↓

eFax公式サイトへ

eFaxのメリット5つとは?

eFax独自のメリットには、次のようなものがあります。

 

一般電話と同じ市外局番を取得することが出来る!

例えば、多くのインターネットFAXの場合、専用に割り与えられるFAX番号はIP電話向けの050や020で始まる番号。
ですが、eFaxでは03や06といった一般電話と同じ市外局番で始まる番号を取得することができます。
全国56の市外局番に対応しているので、自宅や会社のある地域以外の番号を取得することも可能ですよ。

30日間の無料トライアルあり!

また、多くの方の支持を得ているサービスとして、30日間の無料トライアルがあります。
本格的な契約の前に30日間無料で試すことができるというサービスで、オンライン申込みだけで即日利用が可能です♪

スマホの専用アプリあり!

外回りでオフィスを留守にしがちな方には、スマホや携帯電話からもFAXの送受信ができるという点が便利かもしれません。
携帯電話に関しては、PDFに対応していることが条件となりますが、スマホは、専用アプリを使うことによって、閲覧も送受信も可能になります!

最大5つのアドレスでfaxを受信出来る!

受信用のメールアドレスは、最大5つまで設定できます。
ですので、部署やチームなどでFAXを同時受信するという使い方もできます。

格安で使用できる!

そして忘れてはならないのが…コストパフォーマンスの良さ!
初期費用もランニングコストもかからず、月額1,250円だけで利用可能です。
送受信とも150ページまでは月額料金に含まれていますし、もし150ページを超えても1ページ当たり10円で済むのが特徴です。

30日間無料のトライアルは現在も開催されています。
インターネットfaxの導入を考えている方は、トライアルでその便利さを試してみるのがおすすめですよ!

eFax公式サイトへ

eFax公式サイトへ

↑↑ おすすめの【efax】はこちらをクリック! ↑↑