efaxの送信受信の手順<ほぼ戸惑うことなし!簡単操作方法>

MENU

efaxの送信受信の手順<ほぼ戸惑うことなし!簡単操作方法> 

efaxの手順を解説

eFaxは、パソコンやスマートフォンのEメール機能を使ってFAXの送受信を行うインターネットFAXサービス。

 

そのため、簡単な操作手順を覚えれば、場所や時間にとらわれることなくFAXの送受信が可能になります。
パソコンの操作が得意でなく、紙の原稿を送信トレイに置いて、FAX番号と送信ボタンを押して送信という手順に慣れている方は、最初は戸惑うかもしれませんが、それほど難しい手順ではありませんから、すぐに使えるようになりますよ。

↓ ↓ クリックしてefaxの公式ページをみてみる ↓ ↓

eFax公式サイトへ

efaxを受信する手順とは?

まず、受信について。
eFax番号宛てに送られてきたFAXは、PDFファイルとしてEメールに添付された形で、登録設定したEメールアドレスに届くようになっています。
これは、

  1. 相手が通常のFAXとして送ったもの
  2. インターネットFAXから送ったもの

いずれであっても同じです。

 

閲覧は、事前にメールアドレスの設定さえしてあれば、パソコンだけでなく、スマートフォンや携帯電話でも行うことができます。
ただし、スマートフォンは専用のアプリのインストールが必須です。
また、携帯電話はPDFの閲覧ができるようになっている場合に限ります。
だいたいのスマホだったら可能ですね♪

 

送られてきたFAXの内容を読むときは、PDFファイルを開いて読むだけ。
PDFファイルの状態で届くため、保存や転送もかんたんです。

↓ ↓ クリックしてefaxの公式ページをみてみる ↓ ↓

eFax公式サイトへ

efaxを送信する手順とは?

次に送信ですが、これは慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

 

送る方法は、ほぼEメールと同様の手順です。
ただ、Eメールの宛先の欄に相手先のFAX番号を入れる時、Eメール用のアドレスのように少し変換してやらなければなりません。

 

相手のFAX番号の頭に国番号を付け、市外局番の頭の0を省き、残りの番号を書き入れたら最後に“@efaxsend.com”をつけるだけです。

 

最初はわかりにくいかもしれませんが、アドレスとして登録することもできますから、すぐに楽に使えるようになります。

 

宛先を記入したら、送りたい原稿のファイルを添付します。
PDFやワード、エクセル、パワーポイントなどオフィス系のソフトに対応する形式の文書、JPG、GIFなどの画像ファイルが、そのまま添付して送信可能です。
そのため、スマートフォンのカメラで撮った画像をそのままFAXとして送ることもできます。
便利ですねー。

 

送り状が必要な場合は、メールの本文の部分に記載します。
送信はEメールを送るのと同じ感覚で送れますよ。
相手先に届いたら、送信完了の確認メールが登録したEメールアドレスに届きます。

 

より詳しい手順については、トップページに画像付きで解説してますので是非覗いてみてください。

 

↓ ↓ クリックしてefaxのトライアルをみてみる ↓ ↓

eFax公式サイトへ

おすすめのefaxはこちらから!

eFax公式サイトへ
eFax公式サイトへ