FAXはどうやって見るの?<受信手順やポイントなどを解説>

MENU

FAXはどうやって見るの?<受信手順やポイントなどを解説>

eFaxでは、Eメールの機能を利用してFAXの送受信を行うので、受信したFAXは普通のEメール同様メールボックスの中に入ります。そのため、パソコンでは、メールボックスの一覧を見て、inbound@mail.eFax.comからのメールを見つける作業が必要になります。

 

というのも、FAXの内容は、そのメールに添付されているファイルの中に入っていて、メールの本文として書かれているはFAX送付のための表紙だからです。

 

添付ファイルを開くとFAXの内容を見ることができますが、他にもメールが大量に届いている場合などは、見落としが心配になります。しかし、添付ファイルのあるメールには注意を払うようにして、必要なFAXは保存用のフォルダに移動させるようにすれば、大事なFAXを見落とさずに済むでしょう。

 

閲覧の結果、必要な物だけ残し、不要なものは削除すればよく、印刷の必要なものは印刷し、印刷の要らないものはPDFファイルとして保存できるので、慣れれば便利です。このeFaxの場合、閲覧に関しては、パソコンよりもスマートフォンを利用する方が便利かもしれません。

 

1つのFAX番号に対して5つまでFAXの送受信を行うEメールアドレスを設定できますから、スマートフォンを持っているならそちらのEメールアドレスも設定しておきましょう。

 

送受信には専用のアプリが必要ですが、eFaxの場合、iPhoneやiPadのiOS向けとAndroid向けのアプリが用意されているので、スマートフォンのタイプに左右されることなく利用することが可能です。アプリさえインストールが済めば、後はEメールを開くことなく、アプリだけでFAXの送受信を行うえるようになります。

 

スマートフォンのアプリの方には、FAX受信の一覧があり、そこから簡単に閲覧ができます。FAXだけの一覧になるので、閲覧しやすく、大事なFAXを見落とす心配もなくなります。過去に遡っての閲覧も一覧からだと探し易いのでおすすめします。

 

また、ガラケーと呼ばれる従来の携帯電話でも、eFaxなら閲覧が可能です。携帯電話のEメールアドレスをFAX受信用のアドレスとして設定すれば閲覧が可能になります。ただし、携帯電話からの閲覧は、その携帯電話がPDFに対応していることが条件になりますから注意が必要です。

おすすめのefaxはこちらから!

eFax公式サイトへ
eFax公式サイトへ